Contemporary Buddha 28 ~The sky 2






私たちが、


「私は~。」とか、

「私が~。」というような考えを、




つまり、

「私」という考えを休むとき、


事態は、


ただ起きて、

ただ過ぎ去ってゆきます。



空を行く雲のように。





たとえ、

事態が自分にとって面白くないものであったとしても、


「私」はそこにないがゆえに、


「私」が苦しむことはありません。




私たちが、

「私」を考えることを休むとき、


事態は流れる雲となり、

私たちの心は大空となります。




空はすべての雲を自分のうちに包みますが、

雲に汚されることはありません。


いえ、

空は雲どころか、

恐ろしい嵐や雷にさえ砕かれることはありません。




空はけして汚れず、

けして壊れないのです。



私たちが、

「私」という思考を休むとき、


私たちの心は大空となります。








人間にとって、


「私」という思考は、

もちろん必要なものであるでしょう。


「私」を考えられることは、

生物の進化において画期的なことであったでしょう。



しかし、


それは、

いつもいつも抱えていなくてもまた、

よいものであるのです。



荷物は必要なとき持ち、

必要ではないときは下においてもよいのです。






私たちは、


「私」という思考の使い方に

まだ慣れてはいないのかもしれません。